太平洋に面した四国の観光スポット!高知県

観光スポットが充実している四国

国内にある観光スポットの中でも、特に個性的な観光を楽しむことができるのが四国です。四国はその名前の通り、香川県や徳島県など四つの県から成り立っていますが、それぞれに有名な観光スポットがあります。その中でも昔から多くの観光客が訪れているのが、四国の南端にある高知県です。高知県は北側は山地が広がっていますが、南側は広大な太平洋に面しているので、さまざまな風景が楽しめるのが魅力です。歴史的に価値のある建造物も多く残されているので、歴史に興味のある人にもおすすめの観光スポットです。高知県の中でも特に歴史的な価値が高い建築物として有名なのが高知市内にある高知城です。日本に数あるお城の中でも、高知城は特に貴重な史跡として知られています。

歴史的建造物としての高知城の魅力

高知城は電車で行きやすい場所にあるのも、観光スポットとして人気の理由です。高知城前駅から歩いて10分程度で行くことができます。日本に数多くあるお城の史跡の中でも、高知城が特に有名なのが、本丸と天守閣の両方が現存しているからです。どちらか片方だけ現存しているお城は多いのですが、本丸と天守閣の両方が残っているのは高知城だけです。お城に関する協会が選んだ日本100名城にも選ばれています。国の重要文化財にも指定されていることから、高知を訪れた多くの観光客が旅の記念に訪れています。この場所にお城を築いたのは戦国武将である山内一豊です。もともと織田信長の家臣であった一豊は、関ケ原の合戦で功をあげて、徳川家康から土佐一国を与えられました。

バイザポートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です