東京にあるリゾート地、伊豆諸島を旅しよう!

伊豆諸島の特徴とは?

伊豆諸島は東京都に属し、太平洋に浮かぶ100余りの島々の総称です。このうち有人島は大島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島・利島・新島・式根島・青ヶ島の9島です。伊豆諸島へ行くには、主にフェリーや高速船、飛行機を利用します。東京の竹芝から一番近い距離にある大島まで高速船で約105分、調布飛行場から飛行機を使えばわずか約30分で行くことができます。ですから、首都圏からとても気軽に行ける離島なのです。伊豆諸島の島々にはそれぞれに魅力があります。例えば大島であれば、一年を通して魚が釣れるので、釣り好きな人に人気のある島です。神津島であれば透明度が日本一の海が魅力であり、赤崎遊歩道は海水浴場として高い人気があります。新島であれば白く長い砂浜が美しく有名であり、また無料で楽しめるの天然露天風呂やキャンプ場もあります。伊豆諸島に旅行に行く際にはぜひ島巡りをして、それぞれの島の魅力を満喫してみるのも良いのではないでしょうか。

伊豆諸島は一人旅にも子供連れにもおすすめ!

伊豆諸島は首都圏から短時間で行けてアクセスしやすいことから、ふらっと離島に行きたくなった時に気軽に行けるのが良いですよね。島々にある宿泊施設は、民宿や旅館、ホテル、ドミトリーと様々あり、一人での宿泊も歓迎されます。また数多くある観光スポットや海での海水浴やシュノーケリングは、子供も一緒に楽しむことができます。ですから、一人旅として、また子供連れで気軽に旅行に行きたいときに、伊豆諸島は大変おすすめです。

バイザポートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です