青森のお城に花見の時期に行ってみよう!!明治時代の洋館の見学もしてみよう!!

花見の時期に江戸時代建築の城に足を運ぶ

全国には多くのお城がありますが、江戸時代からあるものは意外に少なく貴重な存在です。関東から北となると青森にあるお城しかありません。お城好きの人はもちろん、お城に興味がない人でも青森のお城を訪れてみると良いでしょう。東北地方は冬に雪が降るので、冬以外の季節もいろいろな風景が楽しめます。その中でも旅行に行くのに最適なのは春の桜の時期かもしれません。お城の周りに公園が整備されていて、桜の時期には桜のトンネル、じゅうたんが見られます。地元の人なら花見弁当などを自分たちで用意できますが旅行者は難しいかもしれません。その時は場所の手配から料理、飲み物までセットになっている手ぶらプランを利用してみましょう。何も持たずに宴会気分を味わえます。

青森県にある明治時代の建物に訪れる

日本では明治維新以降近代化が急激に進みます。建物といえばそれまでは木造建築が中心でしたが、コンクリートやレンガなどを使った洋風建築が取り入れられるようになりました。全国には明治時代に建てられた洋風建築の建物が残されていて、その一つである青森県最初の銀行の築物も現存しています。現在は重要文化財に指定されていて、記念館として中を見学できるようになっているので建物の様子や展示資料などをチェックすると良いかも知れません。中を見学するなら昼間に行く必要がありますが、建物の外観を楽しむなら夜の方がいい時もあります。時期が限定されるもののライトアップされたり、建物の壁面を利用したプロジェクションマッピングも人気です。

バイザポートがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です